「ビークレンズ」は痩せる!ダイエットに良い!の評判を調べてみた

「ビークレンズ」の痩せたというダイエットの評判を徹底検証

「ビークレンズ」は「痩せる」といったダイエットに評判があります。

なぜ痩せると評判なのか、その成分について徹底調査してみました!またビークレンズはルージュベリーの味でとても飲みやすいともいわれています。甘さを感じながらも痩せることができる、その秘密についても調べてみました!

ダイエットについて、「運動!筋トレ!食事制限!」なんて気負ってしまっていませんか?

実は、ダイエットをするのにも”コツ”があるんです。ポイントを押さえて健康的にダイエットできるよう、まずは【太る原因】と【ダイエットに必要なもの/こと】を調べてみました!

■太る原因                            

太る原因とされているもは、実はたくさんあるんです!

今の生活習慣で、当てはまる物はありませんか?

  • もともとの体質

”太りやすい体質”や”痩せにくい体質”は遺伝します。それだけでなく、筋肉がつきにくかったり、筋肉が落ちやすかったりといった体の性質も遺伝することがあるんです。最近では「遺伝子検査」なんてものも流行っていますが、体質には遺伝的な要素が絡むことも確かです。

ちなみに、遺伝してるからと言って絶対に痩せない、筋肉がつかないということではありません。すぐに結果が出にくいのでマイペースにダイエットや運動をすることや、代謝を促進したり、筋肉を作る栄養素を普通の人より意識的に摂り入れることが大切になります。

  • 偏った食生活

ダイエットには、実は”栄養”も大切なポイントになります。

たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養素はバランスよく補うことでチームとしてお互いの力を高め、代謝や消化、また体内の生命機能の維持など、それぞれの働きに力を注げるようになります。偏った食生活は、これらの栄養素の働きのバランスを崩し、必要な働きができない状態にしてしまいます。

ダイエット時に特定の食事だけ(野菜だけ、赤みのお肉だけ)を食べる人がいますが、これは実は間違い!野菜もお肉も、適度な炭水化物も、摂ってあげる方が体に良いんです。

  • 食べ過ぎ、寝る前の飲食

私たちの体の中では常にエネルギーを作るための代謝が行われています。脂肪や糖を燃やしてエネルギーを作り、筋肉を動かしたり、体のすみずみまで栄養をいきわたらせます。

エネルギーの素になるのはもちろん”食事”から摂られた栄養素です。

しかし、代謝などで消費するエネルギー量(カロリー)の方が摂取しているエネルギー量(カロリー)よりも少ないと、体の中に糖や脂肪が溜まっていってしまい、太る原因となります。

  • 食事を抜いて長時間空腹のままにしている

ダイエットでやりがちな”食事を抜く”ダイエット。実はそれ、余計に太る原因を作っているんです!

通常私たちの体は脂肪や糖などを燃焼させてエネルギーを作り、筋肉を動かしたり生命維持機能を保っています。食事を抜いて長時間空腹のままにしてしまうことで、エネルギーの素になる栄養素が足りず、筋肉から栄養素を摂るようになります。

この状態が続くと、筋肉量が減り、代謝が落ち、痩せにくい・太りやすい体質に変化してしまうのです。

  • 生理前

生理中って体が重く、だるくなって、気づけば体重も増えている…なんてことありますよね。

排卵後~生理前には「プロゲステロン」というホルモンが増加します。これが水分を溜め込み(むくみ)、食欲が抑えられなくなったり、体が重く感じたりする原因となります。

むくみやすくなり、いつもより沢山食べたくなり、体は重くて動くのが辛い…なんて状態になるので体重が増えてしまいやすいんです。

  • 運動をしない/代謝が低い

普段からあまり体を動かす習慣がない場合や、体の冷えや栄養不足によって代謝が落ちている場合も、体内の脂肪を燃やすことができないため、体重が増加する原因となります。

  • 睡眠時間が短い

睡眠時間は一日7時間程あることが理想です。よく「成長ホルモンが分泌されるのは22~2時だからその時間に寝ていた方が良い」と言われますが、それ以外のホルモンも実は睡眠と深い関りがあるんです。

睡眠時間が短くなると、「グレリン」という食欲増進ホルモンの量が増え、食欲を抑える「レプチン」というホルモン量を上回ってしまうため、食べすぎてしまったり、食欲が抑えられなくなります。

また、睡眠中には「コチゾール」というストレスホルモンの分泌が抑制されます。コチゾールは起きている間にどうしても分泌されやすくストレスが増える傾向になります。つまり、起きている時間が長い=ストレスが溜まりやすい状態に。ストレスを過剰に受けると基礎代謝の低下にもつながるとされているため、太りやすい体になってしまうんです。

痩せるために必要なもの

先ほど、太る原因になるものを紹介しましたが、痩せるためには

【太る原因になるものと逆のことをする】ということが必要となります!

  1. 自分の体質を知って合わせたペースでダイエットすること
  2. バランスよく栄養を摂ること(たんぱく質/脂質/炭水化物/ビタミン/ミネラル/食物繊維
  3. 食べ過ぎない、寝る前3時間は食事をしない
  4. 食事は定期的に摂る(我慢して長い時間空腹にしない)
  5. 生理前にダイエットを始める
  6. 適度な運動をする、代謝を上げる

また、太る原因でも説明したように”ストレス”も代謝を下げる原因となります。

そのため、「ダイエットしなければ!」という意識をしすぎてストレスになってしまってはダイエットをしているのに逆効果になってしまいます。

マイペースで、楽しく、健康的に痩せる!ということを意識すると良いかもしれませんね♪

 

急なダイエットは逆に危険!?減量に囚われると太るかも!

ダイエットというと、「減量」に囚われがち。体重が減らないと、痩せていない、ダイエットに失敗したと決めつけて、ダイエットをやめてしまっていませんか?

実は減量ばかりに囚われると、逆に太りやすい体を作ってしまうんです!

これには私たちの脳が大きく関係しています。脳は私たちの体の危険を察知し、生命を維持できるように働いています。

そのため、急に大幅な減量をしてしまうと、【脳が生命の危険を感じてしまう】のです。

そのため、脳が危険と感じない範囲で痩せることが大切になります。

少しずつ減量することで、だんだん痩せた後の体重を脳が「適正体重」と認識するようになり、痩せた体重を徐々にキープできるようになります。

1ヶ月の減量を”4%以内”にすると、脳のメカニズムも上手に使って痩せることができると言われています。

50㎏であれば1ヶ月2㎏程。でも毎月2kgを落とせば、半年で12㎏も減量できます。

少しずつ、でも確実に。が大切になるんですね!

ビーグレンズは健康的に痩せたい人におすすめしたい商品

ビークレンズは「痩せ薬」ではありません。また、栄養補給を阻害したり、ただただ満腹感を与えて食べないようにするというものでもありません。

沢山の栄養素と、ダイエットに嬉しい成分がたくさん含まれているので、ビークレンズがダイエットのお供として、人気なんですよ♪

ここからはビーグレンズに入っている嬉しい成分をご紹介します♪

1.発酵紅茶エキス(紅茶キノコ/コンブチャ)

発酵紅茶エキス(紅茶キノコ/コンブチャ)には、たくさんの酵素や酵母、アミノ酸、ポリフェノールが含まれています。

  • 酵素

食物から酵素を摂り入れることで、体内の酵素の働き(代謝・消化)を助けます。    酵素が不足すると、代謝や消化機能が落ちて太りやすい体質になってしまうため、不足しないように食事などで定期的に補うことが勧められています。

  • 酵母

酵母は、酵素を作ることができる、酵素のお母さんのようなものです。

摂取した酵素を守ってくれるため、摂り入れた酵素の力を十分に発揮できます。また、糖分を分解することができたり、ビタミンBやミネラル、アミノ酸などダイエットに嬉しい栄養素が豊富に含まれているのも特徴です。

  • 乳酸菌

乳酸菌は腸内の環境を整える善玉菌ともいわれています。悪玉菌の働きを抑制して、腸内で栄養の吸収を正しく行えるようにしたり、不要な老廃物は体外に排出できるようにしたりと健康的な腸内環境へと導いてくれます。

  • アミノ酸

タンパク質の合成成分で、私たちの体の組織を作る成分でもあります。人の体の20%はアミノ酸で構成されているといわれています。

アミノ酸は、体脂肪の燃焼や分解、体にたまった余分な水分を排出する働きをしてくれます。また、運動の際のエネルギー源になったり、肌の老化を防ぐなど、体のいたるところで働いてくれます。

  • ポリフェノール

多くの植物に存在する成分です。苦みや色味の元となり、抗酸化作用が強いです。ワインなどに多く含まれますね。有害物質を無害化する働きがあるほか、エネルギー消費を高める働きがあり、脂肪の蓄積を抑えることができます。

2.殺菌乳酸菌末

殺菌乳酸菌とは、その名の通り乳酸菌を加熱処理して加工したものです。

よく生きたままの乳酸菌が良いと言われますが、殺菌処理を行われていても、乳酸菌の成分はしっかり体の中で働くことができます。

乳酸菌は腸内で悪玉菌の増殖を防ぎ、その働きを抑制して腸内環境を整えます。腸内環境が整うことで、必要な栄養素を正しく摂取できるようになり、老廃物を排出しやすくなるため、便秘やガスなどによるお腹のハリを改善することも期待されています。

3.チャコール(ヤシガラ活性炭、伊那赤松妙炭、竹炭)

ビークレンズの要の一つともいえる”チャコール”。ビークレンズに含まれるチャコール(炭)にはそれぞれ以下のような働きがあります。

  • ヤシガラ活性炭 : 老廃物をキャッチします
  • 伊那赤松妙炭 : 油を吸着してくれます
  • 竹炭 : 掃除をお掃除する働きがあります

チャコールの成分が体内の老廃物や不要な成分をしっかり吸着して排出されることで、腸内が綺麗な状態になり、栄養を正しく吸収できるようになるんです♪

4.黒胡椒エキス

黒胡椒は料理などで幅広く使われているポピュラーなスパイスですが、実は栄養の吸収を高めてくれる働きをしています。

胡椒に含まれる”ピぺリン”という成分が腸の働きを穏やかにしてくれるのですが、腸の働きが穏やかになることで、有用な働きをしてくれる成分が体内で働く時間が長くなります。その結果、栄養の吸収などが効率的に行えるようになるのです。

5.難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは、ダイエットに嬉しい作用を沢山持っている成分です。消費者庁から特定保健用食品(トクホ)の関与成分としても許可されており、トクホのコーラやヘルシアなどのお茶にも含まれています。

  • 糖の吸収スピード遅らせて血糖値の上昇を緩やかにする

血糖値が急激に上昇すると、「インスリン」という成分が作られます。インスリンは、エネルギーとして代謝しきれなかった糖を中性脂肪に変えてしまう、ダイエットの天敵。

血糖値の上昇を緩やかにすることで、中性脂肪を作るインスリンの分泌を抑えることができるんです。

  • 整腸作用

腸内を綺麗にし、ガスや老廃物(便)などが溜まらないように腸の働きを整えます。

  • 脂肪の吸収スピードをゆるやかにする/内臓脂肪を低減させる

難消化デキストリンは、食事に含まれる脂肪の吸収をゆるやかにすることで、食後の血中中性脂肪を減らす働きがあります。食後の血中中性脂肪が減少すると、不要な中性脂肪がつくのを抑制することができます。

その結果、内臓脂肪を付きにくくすることができ、内臓脂肪を低減させることにつながります。

  • ミネラルの吸収促進作用

難消化デキストリンは、大腸でミネラルの吸収を促進する働きがあります。ミネラルは酵素の働きを活発にし、健康的な代謝と消化を促してくれるため、ダイエットにはとても大切な成分です。

この成分をしっかり吸収できるように、難消化デキストリンが働いてくれるんです。

6.発酵エキス(酵素)

ークレンズには333種類もの植物発酵エキスが含まれています。

食物で酵素を補ってあげることで、体内の酵素不足を防ぎ、代謝や消化がしっかり行えるようになります。また、体内酵素が十分にあることで、代謝に沢山の酵素を使えるようになるため、代謝が上がり、ダイエットが期待できるのです。

7.ブラックジンジャーエキス末

ブラックジンジャーには、腸を活性化し、便秘を解消してくれる効果があります。体を温めて、代謝を上げてくれることから、アンチエイジングやダイエットの効果も期待できます。

8.L-カルニチンフマル酸塩

L-カルニチンは筋肉で脂肪を燃やすのに不可欠な成分です。摂取することで体脂肪を効率的に燃やせるようになり、痩せやすい体を作ります。

9.ギムネマシルベスタエキス末

画像引用元:気になる!あの食品、あの成分 ギムネマ | 健康コラム | 健康食品のインシップ | 栄養補助食品 | サプリメント

ギムネマには血糖値の上昇を抑える働きがあります。

難消化デキストリンの作用にもあったように、血糖値が急激に上昇すると、「インスリン」という成分が作られます。インスリンは、エネルギーとして代謝しきれなかった糖を中性脂肪に変えてしまう、ダイエットの天敵。

血糖値の上昇を緩やかにすることで、中性脂肪を作るインスリンの分泌を抑えることができるんです。

10.ヒハツエキス末

画像引用元:ヒハツの効果と効能 高血圧を下げる,正常な血圧を維持する,冷えを緩和する | サプリメントラボ

ヒハツは、冷えを解消する作用があると言われています。

また、ヒハツに含まれるピぺリンという成分が、消化酵素を刺激して消化を促進してくれます。

ビークレンズは”甘い”のに何故ダイエットできるの?

ビークレンズは1包でわずか7㎉ととっても低カロリーです。

お水で飲めば、ダイエットにも嬉しい成分をしっかり摂ることができますし、置き換えダイエットも可能です。味も”ルージュベリー味”で甘酸っぱいベリーの風味。

なんで甘さがあるのにダイエットに使えるの?と思いますよね。

そこでビークレンズの甘さのヒミツも調べてみました。

ビークレンズに使われているのはダイエットに嬉しい2つの甘味料!

ビークレンズには2つの甘味料が使われていることがわかりました。

  • エリスリトール

天然素材(サクラソウの根、キノコや藻類、果実、発酵食品など)のブドウ糖を原料として作られている自然由来の甘味料です。

また、厚労省のエネルギー評価法でエネルギーが0kcal/gと認められている糖質です。

血糖値の上昇を抑える働きもあるため、ダイエット商品の甘味料として幅広く使われています。

  • アスパルテーム

人工甘味料の一種で、体内で吸収されずに排出される特徴を持っています。また、日本生活協同組合連合会が2002年3月に留意使用添加物から除外し、取り扱い制限を解除されている成分で、体への危険性もありません。

味の素が発売している”パルスイート”も、アスパルテームを使った低カロリー商品です。

ビークレンズに使われている甘味料は、「カロリーゼロ」と認められているエリスリトール、また「体内で吸収されない」アスパルテームの2種類でした。

甘味料にまでこだわっているからこそ、”甘さは感じられるのにダイエットに嬉しい”を実現した商品になっているんですね♪