「ビークレンズ」の正しい飲み方を解説【タイミングは?寝る前は?】

「ビークレンズ」の正しい飲み方をご紹介

ここでは「ビークレンズ」の正しい飲み方を解説します。

  • 1日どれくらい飲めばいいの?
  • やっぱりお水で飲まなければだめなの?
  • 飲むタイミングはいつがいいの?寝る前の夜?朝?
  • 運動後に飲んだ方がいいの?

など、効果的な飲み方について調査した結果を紹介していきます!

「ビークレンズ」の正しい飲み方とタイミング

「ビークレンズ」の正しい飲み方について調べてみたところ、特に決まりはないようです!

自分の好きなタイミングで、楽に飲めるが「ビークレンズ」のいいところなんです♪

ただ、飲む目的によっておすすめの飲み方が変わってくるので、それぞれ紹介しますね♪

しっかりダイエットしたい!大幅減量が目標!という場合

しっかりダイエットを頑張りたいなら、置き換えで飲むのがおすすめです♪

大幅な減量をしたいなら、食生活の見直しもとっても大切です。

成人女性の1日の摂取カロリーの目安は”1800~2100kcal”と言われていますが、下の画像を見てください。

全然食べていないのに一日の目安カロリーを大きく超えてしまっているんです!

これだと、外食した日やお酒を飲んだ日なんて…考えたくないですよね。

ここで活躍してくれるのがビークレンズ!摂取カロリーを大幅にカットできるんです!

先ほどのメニューを以下のように置き換えてみます。

  • 朝食のカフェラテ→ビークレンズ(お水に溶かして飲用)
  • 夕食のステーキ定食→ビークレンズ(お水に溶かして飲用)

たったこれだけで、なんと1,040kcalカットして、しっかりダイエットをサポートしてくれます♪さらにビークレンズは酵母や酵素、乳酸菌などの栄養素もたくさん!摂取カロリーを調整しながら不足している栄養素も取れるなんて嬉しいですよね!

置き換えダイエットは苦手…でも痩せたい

食事をビークレンズに置き換えるのに抵抗がある…なんて場合は

間食やドリンクの代わりにビークレンズを飲むのがおすすめです!

普段何気なく飲んでいるジュースなどにもしっかりカロリーがあるの、知っていますか?

画像引用元:摂取カロリー早見表|活動量計カロリズム|株式会社タニタ

ビークレンズはたったの【7kcal】!※お水で飲んだ場合

なので食事をしっかり食べたくても、おやつや普段のドリンクをビークレンズに変更するだけで、しっかり置き換えダイエットの効果が得られるんです♪

サプリメント感覚で飲みたい!

特にダイエットの効果を求めているわけではなくて、ビークレンズの栄養をしっかり体に摂り入れて健康的な美BODYになりたい!という場合は、特にタイミングや飲み方の指定はありません♪

自分の好きなタイミングで、ビークレンズを楽しみながら飲んであげることが一番です!

ビークレンズを使ってお料理も楽しめます♪

ビークレンズはお薬ではなく、水に溶けやすい粉末タイプなので、お料理に入れることもできるんです♪

そのまま飲むのに飽きてしまう場合もおすすめです。

公式サイトでもいくつかレシピが公開されています。

ビークレンズは「ルージュベリー味」なので、ミルク系やフルーツとの相性が良いみたいですね。

ただ、ビークレンズには酵素など熱に弱い成分も含まれていますので、加熱をするような料理に使うとせっかくの成分が壊れてしまいます。冷たいスイーツやドリンク、またはサラダなどのドレッシングなどに使ってもおもしろいかもしれませんね♪

「ビークレンズ」寝る前の夜?朝?飲むタイミングまとめ

ビークレンズには特に”いつ飲まなければいけない”という決まりはありませんでした。

しかし以下のように用途に合わせたタイミングで飲むのがおすすめです。

■ダイエットをしっかりしたい/大幅な減量が目標

→食事をビークレンズに置き換える(1日2食程度/夜の置き換えがオススメ)

■食事の置き換えが苦手だけれどダイエットしたい

→おやつやジュースなどの間食をビークレンズに置き換える

■栄養補給が目的、体の中から綺麗にしたい

→自分が飲みやすい、習慣化しやすいタイミングでOK

やっぱり運動後?効果的な飲み方まとめ

ビークレンズは、その飲み方についても特に決まりはありません。上でも紹介したように、お料理に使うこともできる優れものです。

ただ、飲むタイミング同様、目的に合わせた飲み方をするのがオススメです♪

■ダイエットをしっかりしたい/大幅な減量が目標

  • 運動などの生活改善を合わせて行う
  • お水で飲む(不要なカロリーを摂らないようにするため)

■食事の置き換えが苦手だけれどダイエットしたい

  • 運動などの生活改善を合わせて行う
  • お水で飲む(不要なカロリーを摂らないようにするため)

■栄養補給が目的、体の中から綺麗にしたい

  •  食生活の改善も合わせて行う
  •  お水や牛乳に混ぜる、その他冷たい料理に混ぜるのもOK♪

上で紹介したオススメについても、「必ずそうしなければいけない」ということではありません。ダイエットの時にストレスを感じると体調やダイエット継続にも影響するので、一番は楽しくダイエットをする、無理をしないことも大切です♪