「ビークレンズ」にデメリットはある?副作用は?全成分(成分表)から徹底解析してみました。

全成分と副作用を調べました。

【調査済】ビークレンズに危険な副作用はナシ!

すごく人気で話題のビークレンズ。

成分1つ1つ調べましたが、副作用はありませんでした

 

ビークレンズの全成分(原材料)一覧

▼全成分&原材料 一覧▼

難消化性デキストリン、エリスリトール、黒胡椒エキス末、発酵紅茶エキス末、殺菌乳酸菌末、植物発酵エキス末、ヤシガラ活性炭、伊那赤松妙炭、L-カルニチンフマル酸塩、ヒハツエキス末、ギムネマシルベスタエキス末、豚プラセンタエキス末、ブラックジンジャーエキス末、プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末/炭末色素、酸味料、酸化マグネシウム、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ビタミンE、ベタイン、ヒアルロン酸、シクロデキストリン、葉酸、(一部に小麦・乳成分・オレンジ・キウイフルーツ・さけ・大豆・バナナ・もも・やまいも・リンゴ・ごま・カシューナッツを含む)

 

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンに副作用はありませんでした。

難消化性デキストリンの概要

難消化性デキストリンは、食物繊維の不足を補う目的で作られました。

トウモロコシのでんぷんから生成され、消費者庁から【特定保健用食品(トクホ)】の成分としても許可されている安全な成分です。

また、アメリカのFDA(食品医薬品局)でも1日の摂取量の上限値を定める必要がないほど、安全な素材であることが認められています。

難消化性デキストリンの副作用

難消化デキストリンは、自然由来の成分で、その安全性は日本国内、またアメリカの食品医薬品局でも認められています。

また、1日の摂取量の上限を決めなくても大丈夫な程、安心・安全な成分とされていて、副作用はありませんでした。

過去の安全性を調べたヒト試験では、難消化性デキストリンを1日3回毎食前に10gを16週間にわたり摂取した結果、血圧などの生理学的検査値は変化を認めず、またその他の臨床検査値、特に血清タンパク質およびCa(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、Fe(鉄)などのミネラル濃度について、難消化性デキストリン摂取が原因となる変化は認められなかったと報告されています。
さらに、試験期間中、下痢などの消化器症状をはじめ、とくに問題となる症状はみられず、安全であると報告されています。

引用元:難消化性デキストリン|大塚製薬

 

エリスリトール

エリスリトールに副作用はありませんでした。

エリスリトールの概要

エリスリトールは、自然由来の甘味料の一つです。天然素材(サクラソウの根、キノコや藻類、果実、発酵食品など)のブドウ糖を原料として作られています。

厚生省の糖質エネルギーの評価において、”カロリーゼロ”であることが認められており、エリスリトールは味の素から発売されている低カロリー甘味料【パルスイート】にも使われている成分なんです。

エリスリトールの副作用

エリスリトールは、他の甘味料に比べ、摂取しておなかが緩くなることはほとんどないと言われています。天然由来の成分で、安全性も高く、これまでに副作用や健康被害はないようです。

難消化デキストリン同様、国内外でその安全性が報告されている成分で、副作用はなく安心して使える成分です!

 

食品安全委員会が食品の健康への影響の評価を行う案件の候補にエリスリトールを上げて調査しましたが、エリスリトールが有害物質であるという情報や健康被害の報告はされていません

またエリスリトールの害や副作用の評価については国外でもなされています。たとえば世界保健機関のWHOと国連唯一の食糧支援機関であるFAOの合同食品添加物専門家による会議で、エリスリトールは人が生涯にわたり毎日摂取し続けても影響が出ないと考えられる1日の摂取量を特に特定する必要はないと決定をくだしているほか、アメリカの食品医薬品局(FDA)では、エリスリトールは消化管への害や副作用は見られないという報告から、食品の甘味料として利用するにあたり安全であり、食品添加物に与えられる安全基準合格の証をつけています

引用元:エリスリトールとは?心配されるエリスリトールの害や副作用は? | たべるご

 

黒胡椒エキス末

黒胡椒エキス末に副作用はありませんでした。

黒胡椒エキス末の概要

胡椒の中でも最もポピュラーな種類です。料理など食用用途で幅広く使われています。

熟す前の胡椒の実を収穫し、天日乾燥させることで、香りと辛味のある黒胡椒となります。

胡椒に含まれるピぺリンが腸の働きを穏やかにすることで、有用成分が体内で働く時間が長くなり、栄養の吸収などが効率的に行えるように働きます。

黒胡椒エキス末の副作用

胡椒は幅広く料理に使われるスパイスであり、その副作用は特に報告されていません。

過剰摂取により味覚に異常が出たり、胃部の不快感などの症状が現れることがあると言われていますが、胡椒を大量に摂取することは難しく、日常の調理やサプリメントでの補給程度では全く問題ないので、特に摂取量に敏感にならずに使えるスパイスです。

発酵紅茶エキス末

発酵紅茶エキス末に副作用はありませんでした。

発酵紅茶エキス末の概要

発酵紅茶エキスとは、【紅茶キノコ(コンブチャ)】のことです。

ビークレンズの主要成分ですね!

紅茶キノコ(コンブチャ)とは、紅茶や緑茶に砂糖を加え、そこに培地で栽培されたキノコのようなゲル状の菌の塊(酪酸菌や酵母菌)を漬け込み、12~14日程発酵させて作られます。

発酵させることでタネとなる菌以外にも、酵素や乳酸菌、アミノ酸、ポリフェノールを豊富に含むエキスが出来上がります。

発酵紅茶エキス末の副作用

紅茶キノコ(コンブチャ)に含まれる以下の成分は特に副作用はありません。

  • 酵素:体内にも酵素は存在しています。食物から酵素を摂り入れることで体内の酵素を助ける、補充する働きをしてくれます。特に摂取することで副作用はありません。
  • 乳酸菌:乳酸菌は腸内の環境を整える善玉菌ともいわれています。特に副作用はありません。
  • アミノ酸:タンパク質の合成成分で、私たちの体の組織を作る成分でもあります。人の体の20%はアミノ酸で構成されているといわれており、特に副作用はありません。
  • ポリフェノール:多くの植物に存在する成分です。苦みや色味の元となり、抗酸化作用が強いです。ワインなどに多く含まれますね。有害物質を無害化する働きもあり、特に副作用はありません。

 

紅茶キノコダイエットのブームが去ったのは危険だから?

実は、紅茶キノコ(コンブチャ)ダイエットは昭和40~50年にかけて、日本でも一度大流行しているんです。しかし、そのブームは一気に過ぎ去ってしまいました。

このブームが去った理由ついてネットなどでは「紅茶キノコ(コンブチャ)が危険だから」という声も見られたので、以前のブームについても調べてみました。

紅茶キノコ(コンブチャ)自体が危険なのではなかった!

紅茶キノコダイエットブームが一気に去ってしまった理由は”腹痛などの異常を訴える人が現れたため”と言われています。

しかし、詳しく調べていくと、当時は【自宅で紅茶キノコを培養する】こと自体が流行しており、自宅で作った発酵紅茶エキスが原因となっていることがわかりました。

個人の自宅で紅茶キノコを作る場合、衛生管理が徹底されていないため、作る過程で発酵させる際にカビや雑菌などが一緒に培養されていたのだと思われます。

つまり、正しい衛生管理下で発酵を行えば腹痛など副作用が起こる問題はありません。ビークレンズは厚生労働大臣が定めた品質管理基準(GMP)の認定工場で作られています。

徹底的に品質が管理された状態で作られているので、雑菌などによる副作用の心配なく飲むことができます!

殺菌乳酸菌末

殺菌乳酸菌末に副作用はありませんでした。

殺菌乳酸菌末の概要

殺菌乳酸菌とは、その名の通り乳酸菌を加熱処理して加工したものです。

殺菌処理をした乳酸菌は、菌の品質が一定になるため安定した原料として扱いやすくなり、パンやお菓子などのあらゆる一般食品に豊富に使われるようになりました。

よく生きたままの乳酸菌が良いと言われますが、殺菌処理を行われていても、乳酸菌の成分はしっかり体の中で有用な働きをしてくれます。

 ここで重要なことは、ヨーグルトの乳酸菌は生きたままでも、あるいは死んでも体に良い様々な効果を示すということです。すなわち、生きた乳酸菌はもちろん、乳酸菌の酵素や菌体成分、あるいは、乳酸菌の発酵によって作られる数多くの生成物もヒトに有用な働きをするのです。

引用元:乳酸菌のお話(ヨーグルトと菌について) | 明治ヨーグルトライブラリー

殺菌乳酸菌末の副作用

乳酸菌は善玉菌とも呼ばれていて、悪玉菌の活動を抑制する整腸作用があります。
乳製品などにも幅広く使われている菌で、特に副作用はありません。

植物発酵エキス末

植物発酵エキス末に副作用はありませんが、食べ物アレルギーがある方はお試し前に成分の確認をお勧めします!

植物発酵エキス末の概要

植物を発酵させることで作られるエキスで、酵素を多く含んでいます。

酵素を食物から摂ることで、体内に元々ある酵素の働きを助けてくれるため、代謝や消化などがより正常に行えるようになります。

ビークレンズにはなんと333種類もの酵素エキスが配合されています!

植物発酵エキス末の副作用

酵素の成分は、私たちの体の中に元々あるもので、食物から酵素を摂取することで体内酵素の働きを助けてくれます。そのため、特に酵素自体に副作用はありません。

ビークレンズに含まれている植物発酵エキス末は、333種類。

この中には、小麦・乳成分・オレンジ・キウイフルーツ・さけ・大豆・バナナ・もも・やまいも・リンゴ・ごま・カシューナッツを含みます。これらにアレルギーがある方は注意が必要です。

また、上記の食べ物以外にもアレルギーがある場合はビークレンズを試す前に成分確認をおすすめします。

ビークレンズの成分確認はメールや電話で問い合わせが可能です。

ヤシガラ活性炭、伊那赤松妙炭

ヤシガラ活性炭、伊那赤松妙炭に副作用はありませんでした。

ヤシガラ活性炭、伊那赤松妙炭の概要

ヤシガラ活性炭はヤシ殻を焼成し、活性化という工程が行われたものを、伊那赤松妙炭は、パワースポットでも有名な【ゼロ地場地帯】、また全国有数の長寿県と言われる長野県伊那地方に生息する赤松から作られた炭のことをいいます。

炭の成分は沢山の細かい穴を持ちます(多孔質)。そのため、気体や液体中の有害物質や悪臭を吸着することができることから、食用から脱臭剤まで幅広く使われている成分です。

ヤシガラ活性炭、伊那赤松妙炭の副作用

よく「炭状に焦げたもの」は発がん性や体に悪いと言われているので、不安に感じてしまいますよね。

炭は、焦げとは完全に違う物質で、発がん性など副作用は特にないといわれています。

■「炭」と「焦げ」の違い

炭:焼成により完全に炭素に分解されたもの。

焦げ:食べ物が過度に焼かれることで、食物内の有機物が、加熱により変質したもの基本的には脱水反応が多く、不純物が残っている状態の物。

焦げているだけではどんな物質に変質したのかがわからないので体への影響が懸念されているようです。炭はダイヤモンドのように完全な炭素だけとまではいきませんが、基本的には炭素に変化するまで焼成されているもののため、焦げのように副作用や毒性があるものではないとされています。

L-カルニチンフマル酸塩

L-カルニチンフマル酸塩に副作用はありませんでした。

L-カルニチンフマル酸塩の概要

カルニチンは私たちの体内にも存在しているものです。血液中の脂質を筋肉で燃やすためには欠かせない成分です。

カルニチンを摂取することで、体脂肪を効果的に燃やすことができると言われており、ダイエット製品に多く使われています。

L-カルニチンフマル酸塩の副作用

もともと体内に存在している物質のため、カルニチンによる副作用はありません。

L-カルニチンとしては一日の摂取目安量が決められており、”50~400mg/日”とされています。基本的にはこの範囲であれば過剰摂取にはなりませんので、摂りすぎによる体への悪影響もないといわれています。

ビークレンズは1包3gですので、1日2食置き換えをしたとしても、この目安を超えることはなく、副作用の心配もないので安心して飲むことができます。

ヒハツエキス末

ヒハツエキス末に副作用はありませんでしたが、常用薬がある場合かかりつけ医に確認した上で飲用するのがおすすめです。

ヒハツエキス末の概要

”ヒハツ”は最近では多くのサプリメントに利用されているスパイスなのですが、あまり聞きなれない言葉ですよね。

画像引用元:ヒハツの効果と効能 高血圧を下げる,正常な血圧を維持する,冷えを緩和する | サプリメントラボ

このように長い実が特徴で、「ロングペッパー」や「ピパーズ」ともいわれるコショウ科の植物です。コショウと似た辛みと、独特の甘い香りがあります。

冷えを解消すると言われており、漢方薬や食品に幅広く使われています。

ヒハツエキス末の副作用

ヒハツは自然由来の原料なので、特に副作用はないとされています。

しかし、ヒハツに含まれている”ピぺリン”という成分が消化酵素を刺激して消化を促進するため、摂りすぎると胃腸を荒らすことがあります。

また一部の薬との飲み合わせが良くないようです。ビークレンズに含まれるのはわずかなため基本的には併用は問題視されていませんが、下記の薬を常用されている場合はかかりつけの医師に確認した上でビークレンズを試すことをおすすめします。

■プロプラノール(高血圧治療薬):血圧を下げすぎてしまうことがあります。

■テオフィリン(呼吸気系疾患薬):薬の効果を低下させることがあります。

ギムネマシルベスタエキス末

ギムネマシルベスタエキス末に副作用はありませんでしたが、常用薬がある場合や、妊娠中はかかりつけ医師に相談した上で飲用をおすすめします。

ギムネマシルベスタエキス末の概要

ギムネマとは、インドや東南アジアなどに自生しているガガイモ科の多年草です。インドでは「アーユルヴェーダ」に、糖尿病・利尿・健胃・強壮の目的で使われています。

画像引用元:気になる!あの食品、あの成分 ギムネマ | 健康コラム | 健康食品のインシップ | 栄養補助食品 | サプリメント

糖の吸収を抑えてくれるため、ダイエット製品にも含まれることが多い成分です。

ギムネマシルベスタエキス末の副作用

ギムネマ自体には特にアレルギーや副作用は報告されていません。

しかし、糖質の吸収を抑える性質を持つことから、

  • 低血糖の場合
  • 血糖値を抑える血糖降下薬を服用している場合

は低血糖を引き起こす可能性があります。

また、その他常用薬がある場合や妊娠中の飲用も医師へ相談した上で飲用することをおすすめします。

豚プラセンタエキス末

豚プラセンタエキス末に副作用はありませんでした。

豚プラセンタエキス末の概要

プラセンタといえば、美肌になると言われ化粧品やサプリメント、また美容注射などにも幅広く利用されている成分です。

国内で流通しているプラセンタは、豚や馬の胎盤を分解処理したものです。

豚や馬のプラセンタは品質的に安定しており、感染症や副作用の危険性がないため、国内では豚や馬のプラセンタが様々な商品に幅広く使われています。

豚プラセンタエキス末の副作用

プラセンタについて調べると「危険」という情報も出てきました。

実は以前は「牛」の胎盤が使用されていたようで、狂牛病や細菌などのリスクから危険という情報が出回っているようです。

日本国内では、狂牛病(BSE)問題を機に厚生労働省が「BSEが発生している国の牛や羊などの胎盤を原料としない」ことと通知を出したため、現在は安全性の高い豚や馬のプラセンタが主に流通しているので、安心してプラセンタの成分を摂取することができるんです。

ブラックジンジャーエキス末

ブラックジンジャーエキス末に副作用はありませんでした。

ブラックジンジャーエキス末の概要

胡椒の中でも最もポピュラーな種類です。料理など食用用途で幅広く使われています。

熟す前の胡椒の実を収穫し、天日乾燥させることで、香りと辛味のある黒胡椒となります。

胡椒に含まれるピぺリンが腸の働きを穏やかにすることで、有用成分が体内で働く時間が長くなり、栄養の吸収などが効率的に行えるように働きます。

ブラックジンジャーエキス末の副作用

胡椒は幅広く料理に使われるスパイスであり、その副作用は特に報告されていません。

過剰摂取により味覚に異常が出たり、胃部の不快感などの症状が現れることがあると言われていますが、胡椒を大量に摂取することは難しく、日常の調理やサプリメントでの補給程度では全く問題ないので、特に摂取量に敏感にならずに使えるスパイスです。

プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末/炭末色素

プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末/炭末色素に副作用はありませんでした。

プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末/炭末色素の概要

サケの頭部に鼻軟骨から得られるエキスです。

プロテオグリカンという成分が多く含まれていて、肌の弾力や関節の軟骨での衝撃吸収の働きがあると言われています。

プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨エキス末/炭末色素の副作用

プロテオグリカンについては、美肌や変形性関節症の緩和、また生活習慣病改善などに効果があると言われており、私たちの体の中にも存在している成分であることから、副作用については、これまで報告されていないようです。

人間の安全性試験において、健常な成人10人(男性5人、女性5人)に、サケ鼻軟骨由来のプロテオグリカンを1日当たり600 mg、5日間継続して経口摂取させた場合に、臨床上問題となる影響が認められなかったことが報告されています。

そもそも、プロテオグリカンは、人体にも存在する物質であるため、過剰に摂取しなければ安心とも考えられます。なお、商品のパッケージや説明書に記載されている情報(取扱い上の注意点など)には、一度目を通しておくとよいでしょう。

引用元:プロテオグリカンとは?プロテオグリカンの効果と副作用

酸味料

酸味料に副作用はありませんでした。

ビークレンズの酸味料の詳細は開示されていませんが、天然由来の成分を基本的に使用しており、安心して飲むことができます。

酸味料の概要

酸味料とは、名前の通り味に酸味を着けるために使われる添加物です。

酸味料の種類は複数あり、柔らかな酸味を持つものや刺激的なもの、渋みのあるものなどそれぞれ味の特徴があるため、商品の味付けに合わせて使用されることが多いです。

酸味料の副作用

酸味料について調べてみたところ、化学物質であるとか、体への危険性についての記事が見つかりました。危険と言われている酸味料は化学合成したもの(グルコン酸、酢酸、コハク酸、リンゴ酸アジピン酸)で、リン酸の過剰摂取も体への悪影響が考えられるようです。

ただ、基本的には過剰に摂取した場合の影響が挙げられていたので、ビークレンズのように商品の一部に使われていて、定期的に決まった量の摂取であれば、問題はないと思われます。

念の為コールセンターに確認しました!

パッケージや公式サイトではビークレンズの酸味料についてよくわからなかったので、念のためコールセンターに問い合わせて確認してみました!

確認してみたところ、「ビークレンズに使用されている酸味料は開示していない」とのこと。

ただ、コールセンターの担当者さんがとても優しい方で、

  • 柑橘由来の成分であったり、そういった自然由来の成分が多く使われています。
  • 基本的には天然由来の成分を利用しています。
  • どうしても必要な添加物のみ使っていますが、体への影響が無いように作られて、商品認可されているので、安心してご利用いただければと思います。

という回答を合わせていただきました!

柑橘由来の成分であれば、クエン酸が有力かと思われます!

クエン酸であれば食品にも幅広く使われている酸味料なので、安心して飲むことができますね!

酸化マグネシウム

酸化マグネシウムに副作用はありませんでした。

腎臓に既往歴がある場合はかかりつけ医への相談をした上でビークレンズを利用することをおすすめします。

酸化マグネシウムの概要

マグネシウムとは、私たちの体の中にある成分の一つです。

多くの体内酵素を活性化し、生命維持に重要な役割を担っています。

酸化マグネシウムの副作用

マグネシウムは人間の体内に存在している成分のため、基本的には副作用はありません。

過剰摂取をした場合でも、過剰分は尿として排泄されるため通常の食事でマグネシウムを摂りすぎた場合も過剰症になることはないとされていますが、サプリメントで過剰に補給した場合はまれに下痢を起こす可能性があります。

ビークレンズは1包3gと少量で、マグネシウムだけのサプリメントではないので、ビークレンズで過剰症を起こすことは考えにくいです。

腎機能が低下している場合には高マグネシウム血症が生じやすくなるため、腎臓に既往歴がある場合は注意が必要なため、かかりつけ医への相談の上で利用することをおすすめします。

香料

香料に副作用はありませんでした。

香料の概要

香料とは、その名のとおり、商品に香りづけを行うための添加物です。また、まれに成分の持つ特徴的な香りを消したり抑えたりするために使われることもあります。

香料の副作用

香料は食品添加物ではありますが、新しい香料を使用するためには基本的には必要な毒性検査が義務付けられています。そのため、現在使用されている添加物については現時点での副作用や体への毒性はないとされています。

また、薬品ではないので、過剰摂取についても毒性として認められるにはかなりの量を摂取しない限り問題はないと言われていて、商品に使用する場合には必要最小限の量の配合とされているので、副作用の心配なく安心して飲むことができます。

甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)

甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)に副作用はありませんでした。

甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)の概要

アスパルテームとは、人工甘味料の一つです。砂糖に近い柔らかな甘みを持ち、ローカロリーやノンカロリーの食品に使用されていることが多いです。

体内で吸収されずに排出される特徴を持つため、ダイエット商品への甘味付けに幅広く使われるようになりました。

日本では天然に存在しない添加物としているため、アスパルテームには「L-フェニルアラニン化合物であること」を表示する義務があります。そのためビークレンズは成分表に並列して記載されているようですね。

甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)の副作用

人工甘味料については副作用や体への影響も懸念されていたため、詳しく調べてみました。

アスパルテームはもともと、日本生活協同組合連合会が安全性に懸念があるとして取り扱いを行っていませんでしたが、2002年3月に留意使用添加物から除外し、取り扱い制限を解除されました。

日本の一日摂取安全量は、一人一日約2344mgとされていて、ダイエットコーラ1本あたりの摂取量が185mgと考えられるため、過剰症を引き起こすことは通常の生活であれば考えにくいとされています。

フェニルケトン尿症の新生児が摂取すると脳に障害が起こる可能性があるため、注意喚起として表示が義務付けられていますが、基本的には副作用などの心配なく利用できます。

味の素の【パルスイート】もこの甘味料が使われている代表的な商品です。

パルスイートは現在様々な飲食店やホテルレストランなどでも利用される商品ですし、アスパルテームは安心して利用できる成分のようですね!

ビタミンE

ビタミンEに副作用はありませんでした。

ビタミンEの概要

ビタミンには強い抗酸化性作用があります。

アーモンドなどのナッツ類や植物油、うなぎやたらこなどの魚介類、西洋カボチャやアボカドにも含まれています。

抗酸化作用があるため、体の中の酸化を防ぎ、老化や動脈硬化、生活習慣病などの疾患を予防すると言われています。

生体膜の機能を正常に保つことや、赤血球の溶血の防止、生殖を正常に保つことに関与しています。過剰症としては、血液が止まりにくくなることが知られていますが、実際には、摂取量の3分の2が便として排出されるため、脂溶性ビタミンの中では比較的体内に蓄積されにくく、通常の食事の範囲では過剰症はほとんど起こりません。

ビタミンEの副作用

ビタミンE自体に副作用はありません。

ビタミン類は過剰摂取に注意が必要という情報がありますが、ビタミンEは摂取量の3分の2が便として排出されてしまうと言われています。

そのためビタミンの中でもビタミンEは体内に蓄積されにくいビタミンのため、過剰症の危険性はほとんどないと言えます。

ビークレンズは1包3gなので、1日2食を置き換えたとしても過剰摂取になることはないため、安心して飲むことができます。

ベタイン

ベタインに副作用はありませんでした。

ベタインの概要

ベタインは、ビーツ・ほうれんそう・キヌアなどに含まれてるアミノ酸の天然成分です。

肝機能の改善や、肌や髪を健康に保つのに効果があると言われています。

頭痛薬/アスピリン相性×

ベタインの副作用

ベタインはアミノ酸の一種で、体内にも存在している成分もののため、特に副作用はありません。

ただ、頭痛薬のアスピリンとの飲み合わせ相性があまりよくないようですので、同時に服用するのは避けた方がよさそうです。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸に副作用はありませんでした。

ヒアルロン酸の概要

ヒアルロン酸は、アミノ酸と糖の化合物で、細胞と細胞をつなぎ合わせるムコ多糖という物質です。

人の皮膚や関節など体内のさまざまな箇所に存在している成分で、お肌のハリを保つのに重要な役割を持っています。

ヒアルロン酸の副作用

ヒアルロン酸は多くの化粧品や食品にも使われています。

元々は体内に存在している成分の為、特に副作用などはなく、安心して利用できる成分です。

シクロデキストリン

シクロデキストリンに副作用はありませんでした。

シクロデキストリンの概要

シクロデキストリンは、環状オリゴ糖と呼ばれる糖の一種です。

シクロデキストリンには三種類(α/β/γ)ありますが、全て天然に存在する成分として、日本では摂取上限が特に決められていない、安全な食品添加物です。

国外ではβ-シクロデキストリンのみ摂取上限量が決められていますが、体重1kgあたり5g/日なので、上限量を超えるためにはかなり大量に摂取する必要があり、過剰症や摂りすぎについての心配はほとんどないと言えます。

特保カテキン茶で有名な花王「ヘルシア緑茶」、「ヘルシアウォーター」、伊藤園の「カテキン緑茶」にも含まれています。

シクロデキストリンの副作用

シクロデキストリンは天然由来の成分のため、特に副作用は報告されていません。

また、特に摂取量の規定もありませんので、過剰症や摂りすぎの心配なく、安心して摂取できる成分です。

葉酸

葉酸に副作用はありませんでした。

葉酸の概要

葉酸は水溶性のビタミンで、ビタミンB群に属されます。

ビタミンB12と合わせて、血液をつくる役割をしています。また、妊婦さんや妊娠を考えている女性が飲むことで、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減することができるため、妊娠を考えているまたは妊娠中には、通常よりも多く摂取することを薦められている成分です。

葉酸の副作用

葉酸はビタミンB群のうちの1つで、特に副作用はありません。むしろ、積極的に摂取が勧められているビタミンの1つです。

1日の摂取量は240㎍、妊娠計画中/妊娠中の女性は+240㎍の摂取が推奨されています。

過剰摂取については、通常の食事やサプリメントの使用程度では全く問題ありませんので、安心して飲むことができます。

ケース毎に副作用がないか?も調べました。

「こんな私でも安心して使えるの??」

そんな疑問が解決できるようにケース毎にビークレンズに副作用がないのか?を調べました。

結論、ビークレンズは基本的にどんな人でも副作用なく使用できることが分かりました。

妊婦でもOK

妊活中や妊娠中は、できるだけ多くの栄養素を補給したいですよね!

また、妊娠中はつわりなどで体重も増えやすい中で体重管理をしなければいけない場合も多く、体重キープに頭を悩ませるプレママさんも多いです。妊娠中も、健康的に体重もキープできるのが理想ですよね!

そこで、妊婦さんがビークレンズを飲んでも大丈夫なのか、調べてみました!

妊娠中や妊活中で気を付けたいのは以下の成分です。

  • ビタミンA
  • カフェイン

これらの成分はビークレンズには含まれていませんでした!

基本的には、妊婦さんにも安心して飲むことができる成分で作られています。

ただ、妊娠中は通常より敏感になっている状態ですので、どんなサプリメントでも基本的にはかかりつけ医への相談をした上で利用することをおすすめします。

10代でもOK

10代や成長期も、沢山の栄養素が必要となります。

また、10代後半や成長期になると、今後の体を作るために体型に変化が起きやすく、それに伴ってダイエットへの関心も高まる時期です。

ビークレンズは自分のペースで置き換えができるので、食事などのコントロールもしやすく、続けやすいですが、10代が飲んではいけない成分があるのかどうか調べてみました。

調べてみた結果、10代が絶対に摂取してはいけない成分というものは特にありませんでした。

ただ、以下のような食品はできるだけ摂取を避けた方が良いとのこと。

  • マーガリンや低脂肪食品(トランス脂肪酸)
  • 人工甘味料(人工的に合成された化学物質の吸収)
  • 加工肉、成形肉(塩分や脂肪分の摂りすぎ/添加物の摂りすぎ)
  • マヨネーズ(脂肪分の摂りすぎ)
  • 冷凍食品(カロリーや塩分の摂りすぎ)

参照元:成長期の子どもはNG!ドクターが語る、絶対に避けたい「危険な食材6選」 | TABI LABO

上記の成分の中でビークレンズに含まれているのは2種類の”甘味料”ですがどちらも安心して摂取できる成分なので、基本的には10代で飲用しても全く問題はありません。

1.エリスリトールは、天然素材(サクラソウの根、キノコや藻類、果実、発酵食品など)のブドウ糖を原料として作られている自然由来の甘味料で、化学物質ではありません。

2.アスパルテームは、人工甘味料の一種ですが体内で吸収されずに排出される特徴を持っています。また、日本生活協同組合連合会が2002年3月に留意使用添加物から除外し、取り扱い制限を解除されている成分で、体への危険性はありません。

ただ、成長期はホルモンバランスや体も変わりやすい時期です。

アレルギーなどが現れる場合もありますので、かかりつけ医と相談しながら利用することをおすすめします。